MENU
ファンタジー

韓国ドラマ『アビス』感想|ラブコメ要素が強めのためサスペンス目的の人は注意!

力の強い女ト・ボンスン』のパク・ボヨンさんと、『トップマネジメント』のアン・ヒョソプさん主演の『アビス』を完走しました~

不思議な玉で生き返った男女が、冷酷な殺人鬼を追いかける新感覚サスペンスラブコメディ

パク・ボヨンさん目当てで見始めたドラマなんですが、出演作を初めて視聴したアン・ヒョソプさんの優しくて健気な役どころがぴったりでめっちゃ好きになりました。

余談ですが、「アン・ヒョソプさんってどっかで名前見た人だな~」と思って調べてみたら、過去に視聴したドラマ『とにかくアツく掃除しろ!~恋した彼は潔癖王子!?~』の男性主人公としてキャスティング予定だった方でした。

ただ、ヒロインのキム・ユジョンさんの体調不良で撮影が延期となり、次作として出演が決まっていた『30だけど17です』と撮影日程が重なってしまい、やむを得ず降板されたとのこと。(参考:韓国版wiki

展開的には緊迫感のあるシーンが多めなものの、メインカップルの胸キュンシーン見たさにどんどん視聴してしまい、約3日で完走してしまいました(笑)

今回は、『アビス』のキャストやあらすじ、個人的な感想に基づくおすすめポイントについて紹介させていただきます!

(トップ画像は公式HPより)

TSUNJI
TSUNJI
おすすめ韓国ドラマ度
星3.5の一度は見ておきたいおすすめドラマです!

 

『アビス』の基本情報

予告編

出典:YouTubeチャンネル「The Swoon」

↑YouTubeの字幕で「日本語」を選択可能

あらすじ

出典:アビス

化粧品会社ランコスメティックの御曹司であるチャ・ミン(アン・セハ)は、心優しく、仕事もできるが、唯一の欠点はブサイクなこと

結婚を目前に、婚約者から「そんな顔の男と暮らすなんてどう考えても無理」とフられてしまう。失意のなか自殺しようと高層ビルの屋上に登ったミンは、偶然通りかかった宇宙人のミスでビルから転落してしまう。

そのままでは命が危なかったが、宇宙人から不思議な玉“アビス”を授かり、なぜかイケメンのミン(アン・ヒョソプ)として復活してしまった

同じ頃、ミンとは20年来の旧友で、才色兼備の美人検事オ・セヨン(キム・サラン)は、凶悪な連続殺人事件の調査をすすめるなかで、何者かに殺害されてしまう。

セヨンが亡くなったことを知ったミンは、試行錯誤のすえに“アビス”を使ってセヨンを復活させることに成功する。しかし、これまでの容姿端麗な姿ではなく、平凡な顔のセヨン(パク・ボヨン)として……

“アビス”の超常的な力に戸惑いつつも、「誰が何の目的でセヨンを殺したのか」を調べることにしたミンとセヨン。そんな二人に、冷酷な殺人鬼の魔の手が迫ってきて……。

 

『アビス』のキャスト

相関図

出典:http://program.tving.com/tvn/abyss/14/Contents/Html

パク・ボヨン

コ・セヨン役
中央地検特捜部の検事。学生時代から自他ともに認める美人で人気者。
何者かに殺されてしまい“アビス”の力で復活するが、平凡女子へ変身してしまう。

出典:アビス

▼パク・ボヨンさんの他出演作品:
力の強い女ト・ボンスン/2017年』
ああ、私の幽霊さま/2015年』
映画『恋するインターン~現場からは以上です!~/2015年』 など

アン・ヒョソプ

チャ・ミン役
化粧品会社ランコスメテックの会長の息子。頭脳明晰で性格も良いが容姿はいまいち。
宇宙人のミスで高層ビルから転落死してしまうが“アビス”の力で復活し、超イケメンに変身した。

出典:アビス

▼アン・ヒョソプさんの他出演作品:
『浪漫ドクターキム・サブ2/2020年』
『トップマネジメント/2018年』
『30だけど17です/2018年』
『適齢期惑々ロマンス/2017年』
『タンタラ/2016年』 など

クォン・スヒョン

ソ・ジウク役
中央地検特捜部の首席検事。セヨンとは司法研修院の同期で最も近い仲間。
セヨンの死後、セヨンが追いかけていた連続殺人事件の担当検事になる。

出典:アビス

▼クォン・スヒョンさんの他出演作品:
『青春の記録/2020年』
『トップマネジメント/2018年』
『空から降る一億の星/2018年』
『ウラチャチャ My Love/2018年』 など

イ・シオン

パク・ドンチョル役
東部警察署強力チームのエース刑事。
長い間交際していたミドにフラレて1年以上になるがまだ忘れられずにいる。

▼イ・シオンさんの他出演作品:
『カンテク~運命の愛~/2019年』
『プレーヤー ~華麗なる天才詐欺師~/2018年』
『番人!~もう一度、キミを守る~/2017年』
W-君と僕の世界-/2016年』
『モダン・ファーマー/2014年』
応答せよ1997/2012年』 など

ハン・ソヒ

チャン・ヒジン役
ミンの婚約者。セヨンの実家のチキン屋で働いていたときにミンを紹介されカップルになるが、結婚が間近に迫るなか、急に別れを切り出し姿を消してしまう。

出典:アビス

▼ハン・ソヒさんの他出演作品:
『わかっていても/2021年』
『夫婦の世界/2020年』
100日の郎君様/2018年』
『カネの花~愛を閉ざした男~/2018年』
『ひと夏の奇跡/2017』 など

個人的に印象深かった助演キャスト

  • キム・サラン(コ・セヨン役)
    復活する前のセヨン。
  • アン・セハ(チャ・ミン役)
    復活する前のミン。
  • ソン・サンウン(イ・ミド役)
    ドンチョルの元恋人、弁護士。
  • イ・ソンジェ(オ・ヨンチョル役)
    ソハ病院応急医学科教授、外科医。
  • イ・チョルミン(パク・ギマン役)
    殺人事件被害者の父親。
  • ユン・ユソン(オム・エラン役)
    ミンの母、ランコスメテック会長。

 

『アビス』の感想(多少のネタバレあり)

ぜんぜん平凡じゃないキュートな女主人公

女主人公コ・セヨンの生まれ変わる前を演じたのはキム・サランさん。

出典:アビス

コ・セヨンは31歳のキャラクターなのに対し、キム・サランさんは1978年生まれで放送時の年齢は41歳と、年齢を全く感じさせない美女であることは間違いありません。

一方、生まれ変わった後のコ・セヨンを演じるのがパク・ボヨンさん。

ドラマのなかでは「見た目はそこそこなのに」とか「平凡だからな」みたいなセリフがありますが……

出典:アビス

ぜんぜん平凡じゃないから!

もちろん作中の設定であると分かっていても、絶対「そのそこの顔」ではない!って思ってしまいますよね(笑)

しかもストーリーが進むにつれて、だんだんミンに惹かれていく様子がとにかく可愛い。

出典:アビス
出典:アビス

キレイ系とカワイイ系の違いはあれど、お二人とも魅力的な女優さんだと思います。

男主人公の変化率がスゴい

男主人公チャ・ミンの生まれ変わる前を演じたのはアン・セハさん

出典:アビス

雲が描いた月明かり』や『彼女はキレイだった』など多くの作品に出演し、その印象的なな熱演からシーンスティーラー(scene stealer:そのシーンを持っていってしまうくらい存在感のある人)として高い評価を得ている俳優さんです。

大好きな男性俳優さんの1人ではあるものの、「イケメン枠」というよりは「お笑い担当」のイメージが……(汗)

そして生まれ変わった後のチャ・ミンを演じるのがアン・ヒョソプさん。

出典:アビス

アン・ヒョソプさんの出演作を見るのは本作が初めてなんですが、セヨンのことを守ろうと一生懸命なミンというキャラクターがすごくピッタリ!

セヨンとの仲がだんだんと近づき、浮かれまくってる様子にニヤニヤしてしまいます(笑)

出典:アビス

徐々に近づくメインカップルに胸キュン

ミンはセヨンのことを学生時代からずっと思い続けていました。しかしいつまでたっても振り向いてくれず、挙句の果てにミンへ女性(チャン・ヒジン)を紹介する始末……。

にも関わらず、ミンがヒジンとカップルになり結婚へと進みだすと、二人の仲に複雑な想いを抱くセヨンがすごくもどかしい。

ただ、ヒジンが姿を消し、ミンとセヨンが“アビス”で復活したことで、二人の仲が再スタートし、特にセヨンがミンへの想いを自覚していく様子にすごくキュンキュンしました。

出典:アビス

あと、サスペンスドラマにも関わらず、ラブコメド定番?の胸キュンアクシデントが発生したり、

出典:アビス

あわやキスシーンというところで邪魔が入ったりと、

出典:アビス

クスッと笑えるシーンもたくさん楽しめました。

『アビス』のおすすめ韓国ドラマ度は★3.5

ハッピーエンド
ストーリー
キャラクター
総合

本作は「ファンタジー」「サスペンス」「ラブコメ」の要素が詰まったドラマです。

ライトに見る分にはすごく面白いんですが、どれかの要素を目当てに見たいと思った場合、「ラブコメ見たいのにグロいシーンが…」とか「意外とラブシーン多いのね」など、すこし物足りないと感じるかもしれません。

ですので、パク・ボヨンさんやアン・ヒョソプさんなどの出演者目当ての方や、「これまでラブコメばっか見てたので、サスペンスにチャレンジしたいです」といった韓ドラ初心者の方の方がおすすめかもしれません。

ぜひチャレンジしてみてくださいね♪
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【番組情報・制作スタッフ】

原題어비스
話数全16話(約1,011分=約17時間
視聴率平均視聴率:2.7%
最高視聴率:3.9%(第1話)
※AGBニールセンメディアリサーチ
(出典:韓国版wikiより)
放送2019年
提供韓国:tvN/世界:NETFLIX
演出▼ユ・ジェウォン
『空から降る一億の星/2018年』
『明日、キミと/2017年』
『ああ、私の幽霊さま/2015年』
『ナイショの恋していいですか!?/2014年』 など
脚本▼ムン・スヨン
※現在調査中
韓流LP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です