ラブコメ

『九尾の狐とキケンな同居』感想|不器用カップルがひたすら可愛いラブコメディ

『ボーンアゲイン~運命のトライアングル~』のチャン・ギヨンさんと、『ファイティンガール!~Miss Lee~』のヘリさん(Girl’s Day)さん主演の『九尾の狐とキケンな同居』を完走しました~

人間になりたい九尾狐と普通の女子大生がいきなり同居!?

原作はLINEマンガで2017年から連載が開始された同名マンガ。

それを『キム秘書はいったい、なぜ?』のペク・ソヌ作家&チェ・ボリム作家の脚本、『インターンは元上司!?』のナム・ソンウ監督の演出で実写化したドラマです。

とりあえず言えることとしては、メインカップルがとにかくハマり役!

チャン・ギヨンさんの、ときには獣のように鋭い表情、子どものようにニッコリ破顔する笑顔。

ヘリさんの天真爛漫な全力変顔や、恋する女の子の可愛らしい愛嬌。

見終わってみると、「それぞれにしかその役はできないのでは?」と思わせてくれる絶妙なキャスティングでした。

今回は、『九尾の狐とキケンな同居』のキャストやあらすじ、個人的な感想に基づくおすすめポイントについて紹介させていただきます!

(トップ画像は公式HPより)

TSUNJI
TSUNJI
おすすめ韓国ドラマ度
星4.5の何度も見返したくなる超おすすめドラマです!

 

『九尾の狐とキケンな同居』の基本情報

予告編

出典:YouTubeチャンネル「tvN drama」

あらすじ

出典:九尾の狐とキケンな同居

シン・ウヨ(チャン・ギヨン)は999歳の九尾狐。獣に生まれたにも関わらず、人になることを夢見ている。

それを哀れに思った山の神から「徳を積み、道義を修め、理を尽くして生まれた赤い玉を、尾が9本を超える千歳までに青く染めることができれば人間になれる」と教えられ、ウヨはそのためだけに数百年を費やしてきた。

一方、イ・ダム(ヘリ)はソグァ大学に通うふつうの女子大生。

言いたいことをはっきり言う性格で、いつも親友ジェジンの恋愛相談に乗っている。ただ、自分は好きな人ができたことすら無い、恋愛とは遠い生活を送っていた。

ある夜、そんな二人が偶然出会った。

その際、転びそうになるダムを助けようとしたウヨだったが、胸にダムの手があたり、はずみで飛び出した“赤い玉”をダムが飲み込んでしまった

“玉”を取り出す方法が分かるまで、同居することになってしまった二人。

最初は「九尾狐」を怖がっていたダムも、少しずつウヨに安心感を覚えるようになり、そんなダムの様子に、ウヨも心を開いていく。

果たして二人は、“玉”を取り出すことができるのか。そしてウヨは人間になることができるのだろうか……。

 

『九尾の狐とキケンな同居』のキャスト

相関図

出典:http://program.tving.com/tvn/roommategumiho/5/Contents/Html

チャン・ギヨン

シン・ウヨ役
999歳の九尾狐。人間になることを夢見て、数百年を生きている。
偶然、“玉”をダムに飲み込まれてしまい、同居することになる。

出典:九尾の狐とキケンな同居

▼チャン・ギヨンさんの他出演作品:
『ボーンアゲイン~運命のトライアングル~/2020年』
『恋愛ワードを入力してください~Search WWW~/2019年』
『キル・イット~巡り会うふたり~/2019年』
『ここに来て抱きしめて/2018年』
『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~/2018年』
ゴー・バック夫婦/2017年』 など

ヘリ(Girl’s Day)

イ・ダム役
ソグァ大学の女子大生。明るくストレートな性格。
よく親友のジェジンの恋愛相談に乗っているが、恋愛経験はゼロ。

出典:九尾の狐とキケンな同居

▼ヘリ(Girl’s Day)さんの他出演作品:
『ファイティン・ガール!〜Miss Lee〜/2019年』
トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中!?~/2017年』
『タンタラ~キミを感じてる/2016年』
恋のスケッチ~応答せよ1988~/2015年』
『ジキルとハイドに恋した私~Hyde Jekyll, Me~/2015年』 など

ペ・イニョク

ケ・ソヌ役
大学生。入学後、20人と付き合ったと逸話のあるモテ男。
自分に全くなびかないダムに興味を持つようになる。

出典:九尾の狐とキケンな同居

▼ペ・イニョクさんの他出演作品:
『遠見には緑の春/2021年』
『私を愛したスパイ/2020年』
『キス妖怪~10回のファースト♡キス~/2020年』
『延南洞キスシーン/2019年』 など

カン・ハンナ

ヤン・ヘソン役
元、九尾狐で数年前に人間になった。ウヨとは高麗時代からの友人。
賢く自信家に振る舞うが、慣用句が苦手でよくウヨにからかわれている。

出典:九尾の狐とキケンな同居

▼カン・ハンナさんの他出演作品:
スタートアップ:夢の扉/2020年』
知ってるワイフ/2018年』
ただ愛する仲/2017年』
『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~/2016年』 など

キム・ドワン

ト・ジェジン役
大学生。ダムの親友の1人。気は弱いが、やさしく気配りができる。
恋人から浮気された末にフラれては、その度にダムに恋愛相談をしている。

出典:九尾の狐とキケンな同居

▼キム・ドワンさんの他出演作品:
スタートアップ:夢の扉/2020年』
『ミス・リーは知っている/2020年』
『契約友情/2020年』
『十八の瞬間/2019年』
『恋する十二夜/2018年』 など

個人的に印象深かった助演キャスト

  • パク・キョンヘ(チェ・スギョン役)
    ダムとジェジンの親友。学科1位の秀才。
  • キム・ガンミン(チョン・ソク役)
    ダムの先輩。成績優秀で、スギョンのライバル。
  • チェ・ウソン(イ・ダン役)
    ダムの弟。優秀なアーチェリー選手。
  • キム・ドヨン(ケ・ソウ役)
    ソヌの妹。

 

『九尾の狐とキケンな同居』の感想(多少のネタバレあり)

チャン・ギヨンさんの繊細な感情表現

チャン・ギヨンさん演じるウヨは九尾狐なので、人間の感情が理解できません。ただ、長い年月を生きてきた経験から、それっぽく振る舞うことはできます。

この、どこか機械のような“作りものっぽい表情”がすごく絶妙。

出典:九尾の狐とキケンな同居

しかも、ストーリーが進むにつれて、その表情がどんどん変化していく様子に、めちゃくちゃほっこりします。

にこにこ満面の笑みを浮かべたり、

出典:九尾の狐とキケンな同居

ちょっとしたアクシデントに寝れなくなったり、

出典:九尾の狐とキケンな同居

人間味のある表情”に、思わず微笑んでしまいます(笑)

ヘリさんの全力変顔のギャップに爆笑

ヘリさん演じるダムは、ちょっぴりガサツだけどまっすぐで、ものすごく感情豊かです。

だからこそ、ヘリさんの表情の変化も超全力

大口をあけて叫んだり、

出典:九尾の狐とキケンな同居

白目をむいたり、

出典:九尾の狐とキケンな同居

表情がコロコロと変わります。

その一方で、“恋する女の子の可愛らしい表情”も見せてくれるので、つい魅入ってしまいました。

出典:九尾の狐とキケンな同居

コミカルな演出で見やすいストーリー

本作は、原作がマンガということもあってか、かなりコミカルな演出が多いです。

セリフに現れない心情を補足してくれたり、

出典:九尾の狐とキケンな同居

分かりやすく図解してくれたり(笑)

出典:九尾の狐とキケンな同居

軽いタッチでサクサク視聴できます。

あと、余談ではありますが、ドラマの脚本を手掛けたペク・ソヌ作家&チェ・ボリム作家の過去作品である『キム秘書はいったい、なぜ?』の映像が映り込む場面もあり、ファンとしてはすごく嬉しかったです(笑)

出典:九尾の狐とキケンな同居

めちゃくちゃキュートなサブカップル♪

本作のメインカップルは、「人間の感情が分からない九尾狐」と「恋愛経験ゼロの女の子」なので、互いに距離を計りかねてためらうもどかしさが有ります。

一方、それに輪をかけて恋に不器用なのがサブカップルのジェジンとヘソン

出典:九尾の狐とキケンな同居

いくら人間になったとはいえ、人間の細かい感情の機微が分からないヘソンと、尽くしすぎてすぐ恋人に裏切られる恋愛下手のジェジン。

二人の、ありえないくらいのすれ違い(勘違い?)がとにかくキュート。

出典:九尾の狐とキケンな同居

まるで中学生のような初々しさに、思わず指が丸まってしまいます(笑)

メインカップルがシリアスな場面を迎えていても、サブカップルがクスッと笑える展開だったりして、緊張と緩和にもう噴き出さずにいられません(笑)

 

『九尾の狐とキケンな同居』のおすすめ韓国ドラマ度は★4.5

ハッピーエンド
ストーリー
キャラクター
総合

はっきり言って、キャスト的にもストーリー的にもどストライク

最初は恋に不器用な二人が、どんどんお互いを好きになり、イチャつきまくる感じがほんと好き。

さらに、シリアスな展開も長く続くわけでなく、いざというときはサブカップルが和ませてくれる。

「あれ、あの件どうなった?」みたいな、ちょっと雑な展開もあるけど、ラブコメを楽しむ作品と割り切ってしまえばそこまで気になりません。

分かりやすいハッピーエンドのラブコメが見たい」という方は、ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【番組情報・制作スタッフ】

原題 간 떨어지는 동거
話数 全16話(約1,033分=約17時間
視聴率 平均視聴率:3.88%
最高視聴率:5.28%(第1話)
※AGBニールセンメディアリサーチ
(出典:韓国版wikiより)
放送 2021年
提供 tvN
演出 ▼ナム・ソンウ
『インターンは元上司!?/2020年』
『キル・イット~巡り会うふたり~/2019年』 など
脚本 ▼ペク・ソヌ
キム秘書はいったい、なぜ?/2018年』
『おひとりさま~一人酒男女~/2016年』
『スタンバイ/2012年』
『生意気なヨンエさんシリーズ1~8/2007~2010年』 など
▼チェ・ボリム
真心が届く~僕とスターのオフィス・ラブ! ?~/2019年』
キム秘書はいったい、なぜ?/2018年』
『ラブ・セラピー ~A POEM A DAY~/2018年』
『おひとりさま~一人酒男女~/2016年』 など
韓流LP
韓流LP

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です